個人情報の取り扱い

Ⅰ.個人情報に関する保護方針

岡本株式会社(以下「当社」という)は、個人情報を保護することが当社の事業活動の基本であるとともに、以下の個人情報に関する保護方針に基づき、厳正な運用・管理に努めます。

1.【法令等の遵守】
当社は、個人情報に関する法令その他の規範倫理を遵守し、随時必要な見直しを行い、継続的な改善を行い、適正かつ良識のある企業活動を行います。
2.【個人情報に対する社内体制】
当社では、個人情報の保護に関する管理規定を定め、取り扱っている部門ごとに情報管理責任者を定め、その管理責任者の指示のもと全社員に徹底します。
3.【個人情報の取得】
当社は、個人情報の収集にあたり、収集目的を明示し、適法且つ適正な方法により行うものとします。また、収集に当たっては、予め同意を得た収集目的の範囲内で行うものと致します。
4.【個人情報の利用、提供、開示】
当社は、お預かりしたお客様の個人情報を適切な方法で管理し、法令の規定する場合などを除き、お客様の許可なく第三者に開示・提供することはございません。
5.【個人情報の外部委託】
当社は、お預かりしたお客様の個人情報を委託する場合、厳正な管理下のもと、業務に必要
最小限の範囲で委託をさせて頂くことがございます。
6.【個人情報の保管】
当社は、お預かりしたお客様の個人情報を厳重に管理し、不正なアクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に努めるものと致します。
7.【個人情報の確認、修正、利用停止】
当社は、個人情報の確認、修正、削除等をご希望される場合には、合理的な範囲で速やかに対処させて頂きます。

2010年2月1日
岡本株式会社
代表取締役社長
岡本 哲治

Ⅱ.情報資産に関する 保護・管理方針

岡本株式会社(以下、「当社」)は、経営理念・社是に基づき、常に安心・安全にサービスを提供し続け、お客様から信頼される企業として取引の安全性を確保するため、当社の情報資産を故意や偶然という区別に関わらず、改ざん・破壊・漏洩等から保護する管理対策を実施します。

1.【社会的責任の遂行】
当社は情報資産を確実に保護し、継続的・安定的なサービスの提供を確保するため、適切な情報セキュリティ対策を実施します。
2.【法令等の遵守】
当社は情報セキュリティに関連する法規、規則、その他の規範に準拠・適合した社内規定を定め、当社の役員、従業員に遵守させます。
3.【教育・訓練】
当社は経営者・従業員に情報資産の重要性を認識させ、適正な利用を行うよう情報セキュリティ教育・訓練を定期的に実施します。
4.【事業継続性の確保】
当社は万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合、原因を迅速に究明し、被害を最小限に止めるよう努めます。
5.【監査】
当社は情報セキュリティの管理体制を定期的に監査し、継続的な改善を図ります。

2010年2月1日
岡本株式会社
代表取締役社長
岡本 哲治

 

Ⅲ.個人情報の利用目的/匿名加工情報

Ⅲ-1.個人情報の利用目的

当社は各種レッグウェアの製造卸販売(紳士・婦人・子供靴下、パンティストッキング、タイツ、編み技術を利用した関連商品)、その他事業活動において、個人情報を次の目的で利用いたします。
個々の製品・サービス等に関する個人情報をお客様からご提供いただく場合、あらかじめ個人情報の利用目的を明示します。ご提供いただいた個人情報はその利用目的の範囲内で利用します。
明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意をいただいた上で利用します。

 

1.【お客様に関する個人情報】

・商品、景品の発送

・商品・サービス・催し物のご案内の送付

・商品サポート・メンテナンスの提供

・お問い合わせ・ご相談への対応

・各種会員制サービスの提供

・商品開発、アンケート調査実施、モニター実施、製造販売後調査等の依頼及び実施

・マーケティング調査・分析

・キャンペーンの抽選

2.【株主様に関する個人情報】

・法令に基づく権利の行使・義務の履行

・各種便宜の供与

・法令に基づく株主管理(株主データ作成等)

3.【お取引先様各社、他社の役員・社員等の方に関する個人情報】

・業務上必要な諸連絡・商談等

・取引先情報管理、支払・収入処理

・当社での契約管理業務

4.【お取引先様から委託を受けた個人情報】

・委託業務に関する契約の履行

5.【採用応募者に関する個人情報】

・採用応募者(インターンシップを含む)への採用情報等の提供・連絡

・採否の検討・決定、採用条件の検討・決定

・当社での採用業務管理

6.【社員等に関する個人情報】

・業務連絡のため

・雇用人事管理、社員名簿の作成、人材の把握、配属先・担当職務の決定、研修・能力開発、昇・降格、健康管理、適正な就業環境の確保、休職等、労働時間管理、災害などの緊急時の対応、その他雇用管理のため

・給与・退職金等の決定、給与・退職金・精算金等の支払、福利厚生の提供、源泉徴収手続き、社会保険関係の手続き、査証取得手続き、その他法律上必要な諸手続きのため

・(家族、親族の情報)給与等の決定、源泉徴収手続き、育児・介護休業等、福利厚生、社会保険関係の手続き等の雇用管理、査証取得手続き、その他法律上必要な諸手続きのため

※社員とは、取締役、監査役、正社員、契約社員、フレンド社員、アルバイト、派遣社員をいう。

7.【退職者に関する個人情報】

各種人事データ作成、退職後の連絡等のため

 

Ⅲ-2.匿名加工情報

当社は、お客様からお預かりした個人情報を、個人情報保護委員会所定の方法により匿名加工し、利用する場合がございます。この場合に利用する個人情報は、以下の項目です。

・購入履歴(商品名・購入量・購入金額・購入日)

・居住地域

・電話番号

 

Ⅳ.個人情報開示等請求の手続きに関するご案内

岡本株式会社(以下、「当社」といいます)は,個人情報保護法(以下、「法」といいます)に基づく個人情報の開示等のご請求について、下記のとおり手続を定めております。

 

1.当社に対し、個人情報の開示等をご請求されるお客様は、該当する①請求書および②本人確認書類をご提出いただくとともに、③手数料をお支払いいただくことが必要となります。

 

(1)開示等の請求書

「個人情報開示等請求書」(ダウンロードはこちらから)

(2)本人確認書類

①以下の書類からいずれか1点

・パスポート

・運転免許証(両面)のコピー

または

②以下の書類からいずれか2点

・健康保険証のコピー

・年金手帳のコピー

・住民票の原本

・印鑑証明書の原本

(3)代理人により請求をされる場合は、以下の書類をご提出ください。

・任意代理人の場合

<代理権確認のため>

・当社所定の委任状(ダウンロードはこちらから)

・本人の印鑑登録証明書原本(発行から3カ月以内)

<代理人の本人確認のため>

・代理人の本人確認書類(上記①、②をご参照ください)

・法定代理人の場合

<代理権確認のため>

法定代理権の存在を証する書面として、以下のいずれかから1通

・親権者の場合:申請者(本人)の戸籍抄本の原紙

・親権者の場合:扶養家族が記載された健康保険証のコピー

・後見人の場合:後見登記の登記事項証明書の原紙

・後見人の場合:裁判所の選任決定書のコピー

<代理人の本人確認のため>

・代理人の本人確認書類(上記①、②をご参照ください)

(4)手数料

①利用目的通知の請求および②開示請求をされる場合は、手数料として、1,000円(税込)を当社にお支払いいただく必要がございます。請求書をご郵送いただく際に、同額の定額小為替証書(手数料はお客様ご負担となります)を同封ください。なお、③訂正等の請求および④利用停止等の請求については無料です。

 

2.請求先

開示等の請求は、以下の宛先まで、必要書類を同封の上ご郵送ください。郵送に掛かる費用はお客様のご負担となります。電話やご来社による口頭でのお申し出や、FAX、電子メールによるお申し出は受付けることができませんので、予めご了承ください。

 

〒550-0005

大阪市西区西本町一丁目11番9号

岡本株式会社 総務部 個人情報担当

 

3.対応までの流れ・回答方法

(1)受付・確認

ご提出いただいた書類一式(手数料含む)について、不備・不足がないか確認いたします。

(2)保有部署への情報存否確認

請求の対象となる個人情報を保有している部署に、個人情報の存否を確認いたします。

(3)書面による回答・訂正等・利用停止等手続き

※代理人による請求への回答は、個人情報の対象者(本人)宛にさせていただきます。

 

4.注意点

(1)受付ができない場合

・本人確認・代理人の本人確認ができない場合

・代理権の確認ができない場合

・手数料が不足している場合

・必要書類に不備があった場合

(2)回答ができない場合

<対応ができない場合>

・請求のあった個人情報が当社保有個人データにあることが確認できない場合

<利用目的の通知を行わない、行えない場合>

・利用目的の通知請求がなされた場合において、利用目的が明らかである場合

・利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

・利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当社の権利又は正当な利益を害する恐れがある場合

・国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

<開示しない、できない場合>

・本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれのある場合

・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

・その他法令により開示が制限される場合

 

5.開示等の請求に関して取得した個人情報の利用目的

開示等の請求に関して当社が取得した個人方法は、当該手続のための調査、本人・代理人の確認、手数料の申し受け、開示等の請求に対する回答・対応のために利用いたします。

 

6.個人情報の取扱いに関する苦情のお申し出先(法第27条1項4号、政令第5条)

〒550-0005

大阪市西区西本町一丁目11番9号

岡本株式会社 総務部 個人情報担当

 
PAGE TOP