タイツだけよりも足底に3倍のあたたかさ。「脱げない ココピタ タイツにin」新発売!

2019.09.11

国内靴下売上高No.1※1のレッグウェア製造卸販売・岡本株式会社(本社:大阪市西区・本店:奈良県広陵町、代表取締役社長:岡本哲治)は、発売以来大人気の 「脱げない ココピタ」より、タイツの中に履くフットカバー「脱げないココピタ タイツにin」を、2019年9月下旬より発売します。                                          ※1・・・2019年8月2日付繊研新聞による

「脱げないココピタ タイツにin」は、冬の寒さから女性の足もとを守ることを考えた、タイツの中に重ね履きする新発想のフットカバーです。冷たい北風や地面からの冷気が厳しい冬は、パンプススタイルでの外出をためらうこともあると思います。「脱げないココピタ タイツにin」は、足底に薄くてあたたかいフリース素材を採用。タイツと重ね履きすることで、足底を3倍※2あたたかくする効果(岡本㈱調べ)を発揮します。また、ニオイ原因菌の増殖を抑制する抗菌防臭加工もプラス。シームレスタイプでタイツのシルエットにひびきにくいため、履き口が浅いパンプスでも重ね履きの違和感がありません。さらに、「脱げない ココピタ」の特徴である「コの字型ストッパー※3」がかかとをしっかりホールドし、重ね履きしても“脱げない”を実現。パンプスはもちろん、ブーツなどお好きな靴に合わせて着用いただけます。

※2・・・衣類の抵抗を表すclo値が3倍。80デニールタイツでの比較。

※3・・・特許第6449036号

【「脱げないココピタ タイツにin」4つのポイント】
①    足底に薄くてあたたかいフリース素材を採用し、足底がタイツだけよりも3倍※2あたたかい(岡本㈱調べ)。

【左】タイツのみ【右】タイツにinを重ね履き

②    ニオイ原因菌の増殖を抑制することで防臭効果を付与する抗菌防臭加工。

③    かかとの「コの字型ストッパー※3」がかかとをしっかりホールドし、タイツの中でも

“脱げない”を実現。

④    履き口には縫い目がないため、タイツのシルエットにひびきにくい。

当社が実施した調査※4によると、フットカバーを着用している女性のうち、約3割の人がストッキングやタイツと重ね履きをした経験があると答えました。着用する季節は、7割の人が冬、4割の人が春・秋と答え、その理由として最も多く挙げられたのは「足先の冷え対策」でした。また、「今まで重ね履きをしたことがない」と答えた人の半数以上が、その理由を「重ね履きをする発想がなかったから」と答えていることに着目。秋冬シーズンの“インナーソックス”として、新たなフットカバーの活用方法をご提案し、お客様の足もとをサポートします。

※4・・・岡本㈱調べ/インターネットによるフットカバー実態調査(2019年1月)


 

【商品概要】

商品名

脱げないココピタ タイツにin

機能、特徴

足底フリース素材、抗菌防臭加工、コの字型ストッパー※3、履き口シームレス

浅履き、やや深履き

サイズ

21~23cm/23~25㎝/24~26cm

価格帯(税抜)

500 円

販売先

スーパーマーケット及び量販店、公式オンラインショップ(https://shop.okamotogroup.com/top/CSfTop.jsp)など

※3・・・特許第6449036号

 

【脱げないココピタ】

「脱げない ココピタ」は、2018年3月に発売を開始し、「すごい!本当に  脱げない」とSNS等で話題のフットカバーです。「脱げない」ポイントは、足の動きと生地の伸縮を研究して生まれた独自開発の「コの字型ストッパー※3」。このストッパーが踵をしっかりホールドし、「脱げない」を実現。フットカバーの課題で あった「“脱げ”による不快感」を解消した商品となっています。2019年春夏の「脱げない ココピタ」販売足数は、2018年春夏との比較で、640%を達成※5した大人気の商品です。

※5・・・2018年1~6月・2019年1~6月 ブランド累計販売足数比較、岡本株式会社出荷ベース

 

 

 

本リリースのダウンロードはこちらから

↑ プレスリリーストップへ戻る

▼ アーカイブ