環境への取組

環境への取組は、今や人類社会にとって喫緊の課題となっています。
岡本株式会社では、このような状況や社会的責任をさらに自覚し、エネルギー・資源面での環境負荷の低減や製品・サービスへの環境マーケティングを通じ、お客様、地域社会とのコミュニケーション、信頼の向上に一層取り組んで参ります。

環境方針

私たちは、過去から譲り受けた地球環境が、未来世代からの預かりものでもあることを自覚し、持続可能な状態で子々孫々に継承できるよう、環境に配慮した事業活動を推進します。

1.環境マネジメントシステムの継続的な改善と汚染の予防に努めます。
2.環境関連法令及び当社が同意したその他の要求事項を順守します。
3.環境保全の重点取り組みを以下の項目とします。
 1)無駄な業務を無くし(BPRの推進)、環境負荷を低減する取り組み。
 2)省エネルギーを推進し、地球温暖化防止に努める取り組み。
 3)人と環境にやさしい製品開発、技術開発を進める取り組み。
 4)製品の原料(資材含む)、紙を中心に省資源を推進する取り組み。
 5)廃棄物の分別管理、削減、及び再資源化を推進する取り組み。
4.環境保全のための教育・訓練および啓発活動を進めます。
5.広く社会と連携し、地域社会の環境保全に努めます。

尚、この環境方針は文書化し、役員・従業員及び事業所内で当社のために働くすべての人に周知すると共に一般の人の入手を可能とします。

2008年9月1日 制定
岡本株式会社
代表取締役社長 岡本哲治

ISO14001環境マネジメントシステムの認証登録

2005年10月1日 OKAMOTO TEXTILE(THAILAND) COMPANY LIMITED
2010年3月11日 岡本株式会社

環境活動

1.環境啓発・教育

岡本株式会社では、社員一人ひとりの環境意識の向上と理解促進に向け、定期的に勉強会を実施し環境についての教育を進めています。社内イントラネットによる環境への意識調査やエコアンケートなどを通じて、環境保全のための啓発活動を部門・事業所間で実施しています。

photophoto

2.節電等とCO2排出量削減

岡本株式会社では、2007年度を基準年として、2008年10月よりCO2排出量削減に取り組んでいます。
全社において、不要な照明の消灯・間引き、空調設定温度の徹底、待機電力の削減、自動車の計画的利用とエコ運転、蛍光灯のLED化など省エネ機器への移行に取り組んでいます。
2007年度CO2排出量2,016tに対し、生産の海外移転もありましたが、工場を含む会社全体で2014年度は1,635tと2007年度比で約20%の削減となりました。また累計で2,549tの削減ができています。

fig
 
3.廃棄物の活用

photo岡本株式会社では、廃棄物が新たな資源となり社会を循環するような、循環型社会形成に向けて取り組んでいます。
靴下の生産工程で出る糸くずや仕損品等は、主に製紙会社の石炭代替燃料に使われるRPF固形燃料にリサイクル処理しています。
今後も引き続き、循環型社会形成に向けて最適な施策を講じ、廃棄物の削減を推進していきます。

 
 
PAGE TOP